おお騒ぎな毎日です


by かあちゃんうさぎ
カレンダー

2008年 05月 11日 ( 2 )

昨日、母さまたちへの『感謝の気持ち』をさがしに行った時のこと。
プレゼントも決まり、ラッピングをお願いしている間、
お買い物をすることにしました。

食料品売り場で、

「母の日にワインはいかがでしょうか?」

と、大きな声での呼びかけ。

通りすがりにちょっと見てしまったら、
見事に、声をかけられました。

「ワインはいかがですか?今、くじで『アタリ』が出たら、この紫のカーネーションを差し上げています。」

そして、ちいさな声で、
「あと1本なので、買ってくれたら差し上げます。」
と。

というわけで、ワインを買って、カーネーション、ゲット!

のはずが、
売り子さんが、そこで、
「一応、くじ引いてください、絶対当たりますから。」
で、買い物につき合っていた末っ娘に、引かせました。

じゃじゃ〜〜〜ん。







『ハズレ!』


「え〜〜〜〜!」

ここは、売り子さんも大慌て。
「すいません、一枚だけ『ハズレ』入れておいたんです....」
そして、
もう一枚引いて、めでたく『アタリ』を引き当て(?)

b0135992_1214072.jpg


入手しました、紫のカーネーション!

サントリーが開発したというこのお花、
『ムーンダスト』    
 花言葉は、『永遠の幸福』

カーネーションについて来たワインは、こちら。

b0135992_1252484.jpg


そして、くじの件で、軽くショックを受けていた娘には、
いちご大福を買いました。
メデタシ、メデタシ037.gif
[PR]
by usaginounojiha | 2008-05-11 12:17 | あら!

夢中になると

ちいさなレイちゃんが、幼稚園のころのおはなしです。

ちいさなレイちゃんが通う幼稚園には、噴水がありました。
噴水は、こどもが10人ほど、手をつないだくらいの大きさです。
噴水のまわりは、30センチくらいの高さで、なかには、『きんぎょ』が
およいでいました。

ちいさなレイちゃんは、その『きんぎょ』が大好きでした。
リンちゃんやハルちゃんが、砂場やぶらんこで遊んでいても、
いつもレイちゃんは、『きんぎょ』のそばにいました。

スモックの下に、毛糸の服を着る季節になっても
レイちゃんは、『きんぎょ』をみつめていました。

レイちゃんは、気づいていました。
『きんぎょ』さんが、このごろ元気がないことに....
ちいさなレイちゃんは、心配で心配でたまりません。

そして、ついに、『きんぎょ』さんの姿が見えなくなりました。
それでも、レイちゃんは、水のなかを見ていました。
『きんぎょ』さんの姿をもとめて....

そんなある日、
見えたのです、あの赤い姿が....

ちいさなレイちゃんには、もう『きんぎょ』さんしか見えません。
その『きんぎょ』は、まっすぐにレイちゃんの方に泳いできました。

そして、ふちのところで、『キュッ』と、レイちゃんの左手側に
曲がったのです。

レイちゃんは、あわてて、ふちの手をかけ、
『きんぎょ』さんをおいかけます。


「ぱっしゃんんん」



レイちゃんは、あたまから水に落ちていきました。
それは、それは、ゆっくりと...
『きんぎょ』さんのおよぐ早さと同じくらい。

ちいさなレイちゃんには、そこから先の記憶がありません。
でも、レイちゃんのおかあさんは、おおあわてで濡れてない服を
持ってきてくれたんです。

だって、『おこられたり』、『笑われたり』は、おぼえてないけど、

ちょっと泣き笑いな若いおかあさんの顔は、
ちいさなレイちゃんの『たからもの』になったから。
[PR]
by usaginounojiha | 2008-05-11 08:46 | ちいさなお話