おお騒ぎな毎日です


by かあちゃんうさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ばけるって?

『猫は、前足で扉を開けるけど、
 後ろ足で閉めると、
 もう化け猫なんだって』(映画『house』より)

という台詞が,
なぜかずっと気になってました。

『そうなんだ、化け猫の基準って、そこなんだぁ』.....と。

でも、
それって、
猫に対して失礼ですよね。

だって、人だったら、
まず、
足で扉閉めた時点で、
『もう、行儀悪い!!!』
って、叱られます。

それに、
人なら簡単にできることが出来ると

『化け猫』って。

じゃ、人はなにが恐いのでしょうか?

自分たち以外のものが、
同じようなことができるようになることなのでしょうか?

でもね。

こんなことなら、
いいでしょう。

b0135992_14491596.jpg
座布団をまくらに!

ほら、そこのあなたもやってるでしょ。

なんかずっと一緒にいると、
似てくるようです、私たち。

たぶん、まだ、

『化け犬』じゃない
   とおもいます

[PR]
by usaginounojiha | 2010-06-13 14:54 | え〜ほんと〜!

狐はどこへ

長く同じところに住んでも、
初めて出会う風景があります。

私は、今の場所に住んで、
18年になりますが、
まだまだ知らない顔を見せてくれる時があります。

その日は、
晴れていたと思ったら、
急に雨雲が迫って、
粒の大きな雨が落ちてきた日でした。

夕方の空は、
雨が降っているのに、
茜色で、
でも、
雨は降っていて。

私は、
その景色を
よく知っている窓から
眺めていました。

なんてことないのですが、
初めてみる奥行きでした。

b0135992_1231411.jpg
(わかりにくいですが、雨が降っています)


もう夕方なのに、
今から『狐』は、嫁入りするのでしょうか?

夜通しの宴の中に、
ちょっと恥ずかしそうな『きつねのよめさま』の姿を
思い浮かべてしまいました。
[PR]
by usaginounojiha | 2010-06-10 12:08 | つれづれ
何事もそうでしょうが、
テニスも、それにもれることなく、

やはり、
1に練習、2に練習。
3、4、5も当然、
『練習!!!』
なんですよね。

もちろん、
今、世界を目指していない私は、(え、世界!)
テニス漬けというわけにはいきません。

身体中に絡まったいろんなしがらみで、
動きのわるい私。(このしがらみは、全身にはりついた体脂肪とのうわさも.......)

でも、
やはりエントリーしたんだから......。
もう、ちょっと頑張らないとね。

気持ちは、諦めてないのに、
身体が、勝手に諦める!!!

これは、いかんです。

というわけで、
秋の『シングルス』にもエントリーすることにしました。

体力、気力、集中力!!!

え、テニスの練習は?

もちろん、それも......。

そして、
試合では、
『粘り』』と『忍耐』
これ大事ですよね。

今回もまた、
いろんな課題をくれた『シングルス』でした。

試合に出て、
あまり疲れていないというのも、
どうかと思いますよ。

さぁ、
次に向けて、


羽ばたけ、私!
[PR]
by usaginounojiha | 2010-06-07 07:55 | つれづれ

エントリーしました!

いつもなら、ちょっと雨を心配したりする時期ですが、
今年は、まだその気配がありませんね。

そんな日曜日。

私、
また、
『試合に出ます!』

それも、
『シングルス!!』

練習不足は否めませんが、
出ると決めたのは自分なので、
今日もまた、
全力でいってきます。

お相手の方は、
なんでも、
『県の大会』で決勝に残られたこともあるとか!!!

いろいろ策を練るような技はありません。

『最後まで諦めない』

これだけなんですよ、私の武器は。

なので、
今日も、
それを持って行ってきま〜〜す。
[PR]
by usaginounojiha | 2010-06-06 07:54 | え〜ほんと〜!

ちょっと勘違い?

私の住む町は、
わりと晴れの多い所で、
隣町が雨でも青空が見えていることがあります。

でも、まぁ、
まったく雨が降らない訳ではなく、
時に大雨がやってきたりします。

そして、
その時に、
思い出すんです。

『あ、トイが詰まってる!』って。

でも、
降り始めたら、
もう、どうすることできません。

うちだけ豪雨か!!
というくらいの勢いで、
トイからは、
滝のように水が流れます。

しまった!!!
また、忘れてたぁ!!!
と。

何度も何度も、
思い出しては忘れ、
忘れては思い出し、
を繰り返して、
やっと先日、
雨の季節を前に、
『トイ』掃除に着手しました。

一家総出どころか、
じ〜ちゃんまでかり出しての大事業。

恥ずかしながら、
はしごに乗り馴れていないとうちゃんは、
及び腰ながらもなんとか登り、
「ちゃんと持っといてくれよ!」
と、私の頭上で叫びながら、

『おそうじ! 
   おそうじ!』


そんなこんなで、
トイには、流れが生まれ、
今度の雨の日がちょっと楽しみだなぁ.....と。

で、
はしごついでに、
屋根にかかっているさくらんぼの木の枝を
少し散髪することに。

どんどん伸びゆく枝を切るのは、
忍びないのですが、
それはそれは、
すくすくと伸びてゆくので、
ちょっとだけね.....と。

その枝の中に、
なにやら白いものが。

『はて?』
と手に取ると、
それは、さくらの蕾でした。

どうしたわけか、
今年は、さくらんぼができず、
淋しい思いをしていましたが、
なんだか、
その蕾がいじらしくて、
一輪挿しに入れていました。

そして、
今、
蕾は、
『小さな満開!』
むかえています。
b0135992_8412367.jpg

もしかしたら、
季節を勘違いしたのか、
花の季節に咲きそびれたのか。

まぁ、いいよ。
咲いてくれて、
どうもありがとう。
[PR]
by usaginounojiha | 2010-06-04 08:57 | あら!

別れを告げる

告別式。

別れを告げる儀式。

今まで、何度も参列してきました。

でも、
告別という言葉が、
これほど残酷に思えたことは、
ありませんでした。

いろんな順番を飛び越え、
いろんな予定や計画をだれかに譲り、
いろんな約束を果たさずに逝ってしまわれました。

告別の式は、
前へ進めの区切りを
逝く人が私たちにくれるのだろうと思います。

どれほど、悲しくても、
生きていれば、
また笑います。
また食べます。
楽しいことを計画します。

どこかでいつも、
すこし後ろめたさを感じながら。

それでも、
私たちは、今日を生きますね。

素敵な笑顔を忘れることはないです。

ありがとうございました。

あなたの大事な人を
どうぞ
いつまでも
見守ってくださいね。
[PR]
by usaginounojiha | 2010-06-02 09:01 | うつろい