おお騒ぎな毎日です


by かあちゃんうさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

別れは突然に

ご近所では、もうすっかり定着していた


『TOPPO = watasi 』

その私のスーパーカーが突然に......


高校でも軟式テニス部に入った娘。

昨日、ちょっと遠くのテニスコートでの練習となり、(車で30分くらいかな)
車検が済んだばかりの私のトッポで送っていくことになりました。

『あと2年は、ぜんぜん問題ないですよ!』
と車屋さんに言われていたので、
なんの心配もなく、颯爽と走るトッポと私(?)。

娘を降ろして、
これまた爽やかな朝の空気の中、
今日一日の予定など考えながら、
慣れた道を行く私。

その時、

『ボキ!!バン!
ゴゴゴゴッゴ!ゴ!』


『えっ!!! なに?』

私は、何かを踏んだのかと思って、
すぐにバックミラーで確認。
でも、
あの衝撃の元となるものは見当たらない。
ただ、明らかに何かおかしい。

まず、
エンジン音が変。
そして、
バックウインドウが曇っている。

出来ることなら、ここで止まりたい。
だが、まだ家までは10キロほどある。

うっかり携帯電話も持っていない。

しかたない!
なんとか家まで、
せめてもう少し家に近づきたい。

アクセルを踏んでも加速しないトッポに、
『がんばれ、もうちょっと!』
と、声をかけ、
信号で止まるたびに、
そのまま動くのを止めそうなトッポを、
『頼む、あと少し!!!』
と励まし、赤い魔法のランプの表示が光り、
ボンネットから煙が出る中、
何とか家に辿りつきました。

多分、もうエンジンはかけられないだろうなぁという、
あたらなくていい予感は的中し、
トッポは、牽引されて車屋さんに持っていかれました。

よっぽど、その後ろ姿を写しておこうかと、
思ったのですが、
帰ってくることを願って見えなくなるまで見送りました。

どうやら、すぐに診てくれたようで、
トッポのエンジンには穴があいていたそうです。

あの衝撃は、その瞬間だったのです。

もう、エンジンは駄目だそうで、
乗せ換えるとなると結構な値段がかかるとのこと。

車検が、先月の中頃でした。
わずか1ヶ月でこんなことに......。

残念ですが、
車を替えることになりそうです。

原因は分かりませんが、
私もいろいろ反省しています。

『あれかな?これかな?いや、あれかも.......。』と

車屋さんは、『乗り方におかしいところはないですよ』と
励ましてくれましたが。

こんなことは、めったにないことでしょうが、
みなさまも、
どうぞ、気をつけてくださいね。

いっぱい働いてくれてありがとう。
いっぱい遊んでくれてありがとう。
いろんな所を一緒に探検したね。
ありがとう、『TOPPO』



『あなたとの時間
   ほんと
  楽しかったです』

  
   
[PR]
by usaginounojiha | 2010-05-16 10:17 | え〜ほんと〜!